自分自身でクンニ依存症だって思うぐらい、オマンコを舐めて欲しいという気持ちが強くなっています。
前の彼氏は頑張って舐め続けてくれ、私にたくさんのアクメを感じサセてくれました。
あの時みたいな気持ち良さを味わってみたい、今度は舐めるのが大好きな男の人を見つけたいと思うようになったのです。
恋愛と肉体的な相性って決して同じではないっていうのは、今までの経験からも分かっています。
例え精神的なつながりが良好だったとしても、肉体的な部分で一致しないというのは多々あるものです。
前の彼も昔の彼も、クンニがあまり好きではないという部分ではダメだった人だったのですね。
やっぱりクンニをたくさんしてくれる人がいい、恋人でなくてもいいからクンニ好きな人を見つけたい、だからセフレ募集でもいいという気持ちを持つようになっていたんです。
セックスが大好きな男の人の中には、オマンコを舐めるのが好き過ぎる人だっているはずです。
そういう人を見つけて、たっぷり舐めてもらえば私は激しく感じることができるって想像が膨らんでいきました。
エッチな妄想をしていくとそれだけでもオマンコからマン汁が溢れちゃうし、本気で舐め犬募集をしてみようかなという気持ちを持つようになっていたのです。
前彼と別れてからローターでオナニーを続けているけど、やっぱり満足なんかできません。
男の人の口で刺激して欲しい、その願望が強くなりまくってしまったって感じがします。
だけど、セフレの作り方が分らなかったのです。
今まで一度もセフレを作った経験がなく、セックスは恋人のみだったのです。
セフレってどうやって探すの?って感じでした。
私の職場は証券会社、とても硬いところですから、そこで相手探すのは不可能です。

仮に相手が探せたとしても、噂なんかすぐに広まってしまいますからね。
誰にも知られずにセフレを探してセックスして欲しい、クンニをして欲しいと頭を悩ませようになりました。

 

定番アプリ登録無料
セフレアプリBEST5
セフレ募集中の女性の必須アプリ